« 上一篇下一篇 »

極致の工芸4金のシケの三金橋の飛輪腕時計の推薦

シケといえば、まず思いついたのが、シケの三金橋陀腕時計、三金橋陀腕時計は、美しさや技術、象徴的な意味においてもシケの代表作である。1982年に石英の嵐がまだ風が高波になった時、シケは迫力のある復刻三金橋の飛輪懐表を持っていたが、当時は非常に冒険していたように見えた。今日は皆さんにお勧めのシケ三金橋陀腕時計をお勧めします。

このドックの機軸の3本の板挟みは、1860年にナサタイ天文台の一等賞を受賞した旧祖宗の構造と同じで、透かし彫り板を経て現代の美学の特色を現す。金橋は板の透かし彫りと磨きをかけて工を作るのは汚れがなくて、職人は7日の時間を使ってこの完璧な効果を得ます。バックカーは72個の部品で構成され、直径約1センチ、わずか0.3グラム、1本の綿毛と相まって、その精緻なところが見えた。マイクロプラチナの上でチェーンのタリウムが発条ドラムの下に配置され、機軸の独特な造形構造を残さないようにするのも、表工場の特許技術の一つでもある。