« 上一篇下一篇 »

ジュネーヴ表展親暦記(一)は、表展が始まる前に

ジュネーヴから帰ってからもう1週間になりますが、これは私が初めてスイスに行くのは初めてです。以前、他の人に聞いてみると、初めて外国へ行った人は時差が一週間かかるということで、とても怠けていましたが、今は私が信じていました。もちろん、私の原因は他の人とは違うかもしれませんが、今回の時計展では、腕時計の家がネットで生放送しているので、毎日閉館してから、当日の写真やビデオを北京に伝えたいんですが、私はスイスの「給力」の網の速度を称賛して、夜が更けている時だけ伝送できるので、私たちはスイスにいます実は北京の時間を過ぎています。北京に帰ってから、私が発見したのはジュネーヴの時間で、時差がどんどん乱れていることを発見しました。そのために私がこの文章を書いた時、指の先と足の指の間は依然として麻仁でした。

荷物を片付けて、出発する準備をして、ここで私はTuiに感謝して、このチャーター、単反、コンピュータ、ipad、大きな山の線……。

先輩の「経験の教訓」を聞いて、牛丼の2つの牛丼を備えている。

そうですね、ボーイング777 - 300エ。

待合室で眠っているフランスのおじいさん。

Ipone5のパノラマ撮影機能は、初めて使います。