« 上一篇下一篇 »

「不朽の刻印」を愛人として伝えた

トップの腕時計ブランドの愛人腕時計として、現在世界で巡展活動を展開しており、主要都市にはニューヨーク、ミラノ、パリ、北京、シンガポールが開かれている。今のところ、北京では、腕時計の家の編集者が発表したことを知ってから、最初の時間に駆けつけたことがあることを知らせてくれた。北京巡展の位置は、文芸的な雰囲気に富んだ北京の798芸術区のUBS Aユレン現代芸術センターであり、愛人が好きな表迷たちは自分で無料で見学することができます。観覧時間は、2012年08月30日から9月3日までです。

今回の巡展は、ユンス現代芸術センターで行われました。展示されているのは、大体3つの地域に分かれていたのは、192~2000年の愛人ロイヤルオークの腕時計であり、その中には、この展示区の時計の多くは愛表収蔵者の秘蔵品で、最も記念の意味を持つのは1972年の皇家に産んだ樫樹540 ST腕時計である。

これからは200~2012年の展示エリアに入ってきました。この12年の中で愛人腕時計はもっと記念の意味を持つ腕時計で、腕時計のデザインや工芸も突進的な発展を遂げています。この展示区の新品は比較的多く、例えば、梅西記念金のロイヤルガッカリと、超薄型のロイヤルグンの木があります。この展示区にあります。