« 上一篇下一篇 »

劉さんはニースの「名誉市民」の授賞式に出席した

劉さんはここ数年のスクリーンでの完璧な表現によって、一波また一波の好感をもっていて、彼がすでに立たされた年の先輩だったとは思われませんでした。

『お父さんはどこに行く』では、彼はみんなの目の中の温かな諾一のお父さんで、親子2人は番組の顔値を担当していて、互いに思いやりのある深い愛情を持っている。『役者の誕生』では、彼は厳格な専門の評議指導者で、真剣に責任を持って手たちの表現を選んで、自分の芝居の経験を保留していない。

そして、最近完結したヒットドラマ「男の子」では、劉さんの「化身」は、俊郎の外見を持つCptain呉を持ち、男姿と紳士風を発揮する。劇の中の彼は、1機の長さとして、無数の乗客の安全を乗せて、胸いっぱいの熱血を自分の飛行事業に投入し、人は中年になっても不羈、愛の自由で、まるで夢を消したことのない男の子だった。劇中の劉さんも、機長として「癖になった」らしい。

芝居の外の劉さんもチャンスを失うことはない

これは、先日、フランスのニースの「名誉市民」の授賞式に「機長」の劉さんが出席した時、本当に心をこめて選んだ時のパイロットシリーズの腕時計が、さっそうとした機長を現実の生活に続けた。