« 上一篇下一篇 »

機械表の誤差が大きすぎてどのようにするのは自動機械表の誤差の多少は正常に計算されます

全自動腕時計は、機械の腕時計の一種で、腕の動きによって動力を提供するので、着用者はなるべく1日12時間以上着用することができるだけで、十分な動力があることを保証するため、時計の誤差があまり大きくないので、誤差があるのは避けられないものです。常値は?

機械表の誤差の基準


1 .自動機械腕時計I型(男性表):優等品は24時間ごとに20 - 30秒に誤差があり、1等品は24時間ごとに30 - 60秒に誤差があり、合格品は24時間ごとに50 - 90秒に誤差がある。


2 .自動機械腕時計II型(中型表):優等品は24時間当たり25 - 50秒、1等品は24時間当たり40 - 80秒、合格品は24時間ごとに60~120秒に誤差がある。


3 .自動機械腕時計III型(婦人時計):優等品は24時間ごとに30~70秒に誤差があり、1等品は24時間ごとに50 - 100秒に誤差があり、合格品は24時間ごとに70 - 150秒に誤差がある。


機械表の誤差が大きすぎてどのように調整して細部に注意しますか


実は私たちは日常でもよく注意して時計の流れに影響を与えることを避けるべきで、私達は自動機械の時計をつけて運動をしてはいけなくて、動力の飽和を防止して、時計の歩くことに影響します。材質は比較的に多くて、時計は磁化しやすくて、時計を歩くことができなくて、私達の時計が出現する時の誤差が大きい時、まず動力が不足しているのではありませんかどうかを判断して、もしもし磁化や時計の部品の損傷などの可能性があるかもしれないならば、この時専門の修理体験店に行って補修して、自分で使うべきではありません非正規表の店に行くか!