« 上一篇下一篇 »

オリス2018バーゼル表展時計新作

2018年バーゼル表展に幕を下ろしたばかり、スイス独立タブブランドオリス初の主要シリーズ:文化、潜水、航空やモータースポーツですべて新作が非凡である。

2018年バーゼル表展前、オリスの発表は起動のユニークなスタイルのブランド戦略を起用しつつ、新たなブランド標識・スローガンや主張狙いブランドの革新や独立精神を強調。新ブランド標識で、スローガンを従来の「Swiss Made Watches Since  1904」に変更に「H?lstein 1904」を強調した源産地ブランドが自慢の伝統。新しい主張を「Go your own way」は、ブランドの個性に自由と独立の思考の表現を激励して、同時にオリスの忠実なファン、引き続き自分の道を歩いて。新たなブランド戦略も、このバーゼル表展の数々の時計の新作に集中している。

オリス借り靑銅ケースという「非鉄金属」、

カールBrashear挑戦に人種差別の快挙に敬意を表する

復古潜水

今回のバーゼル表展では、復古の息吹が大きく輝いている。靑銅の材質に伴って時計の熱を続け、オリス発売した新型カールBrashear限定版クロノメーター、その全体設計風格を誇り利時の経典の65年复型どおり潜水腕時計。オリス借り靑銅ケースという「非鉄金属」に挑戦し、カール人種差別の快挙に敬意を表し、この魅力的な金属のように、より一般的英雄の物語、時が経つにつれて、育ん風変わりな模様やインプリンティング。