« 上一篇下一篇 »

皮バンド簡易養生法3 S原則

秋冬の季節になると、多くの人が天気の変化に伴って、手に冷たい焼き時計をベルト表に変えて、時計を作りました。

ベルト表の売上高は明らかに成長しており、ベルト表は寒い季節の消費者の一番の愛であることが明らかになった。ただし、ベルト表

戴久ましたが、それに伴って様々な問題に、消費者は一心にを維持する必要があるこそ、バンドをベスト

お世話になる。

ベルトの基本スタイルは上に分けることができますワニベルト(Crocodile  Straps)、トカゲベルト(Lizard

Straps)、ダチョウベルト(Ostrich Straps)、子牛ベルト(Calfskin Straps)

一般的には、革バンドの素材は、ワニの皮、トカゲの皮、サメの皮、ダチョウの皮、小さい牛などに分けられています、

価格から1、2千元から5、6千元と、しかし、どの1種の材質のバンド、戴久ましたが生じる臭い

味、または発生硬化現象、もし適切に正確な保養の道を把握するのが、3 S原則を延長でき皮バンド

半分以上の耐用年数に、これらのメンテナンスプログラムが完全に自分ですることなく、他人は経済的仮名、

お得だ。

バンドメンテナンス4ステップ。まず小さいブラシで少し石鹸をつけて、きれいに汚れたところをきれいに洗ってください、

続いて水で速やかにきれいになって、その後は乾布で乾いて、最後にいくつかの革油を塗ります(皮膚が敏感です)

者は、背面にはいかなるメンテナンス剤を使用しないように提案します。