« 上一篇下一篇 »

黒塗りの彩色上絵の楼閣群仙誕生日鐘

この時計は木の子の黒漆画の2階の楼閣です。1階の真ん中をダブル針時計、書いて「乾隆年制」の钟盘に飾りを作ってしよう所特有の黄色のエナメル。钟盘上のごの巻き穴それぞれ制御機能:ご時、アラーム、紙、ドアの開閉時、楽。钟盘の左右を変動のセット箱箱の演技は、左の景のテーマは「海屋添筹」で、右景箱の演技テーマは「群仙誕生祝い」。2階には3軒の家屋があり,中にはそれぞれの時報がある。毎週3、6、9、12時、ドアが開いて、3人手執鐘碗ゆっくりに出かけ、駅の定めた左の人は「叮」の声を出して鐘を鳴らす碗、右鐘を鳴らす碗「」の声を出して、「ドラえもん」が一度報15分間、響2度報2時順次、類推、報終わって四時後、中間の鐘を鳴らす碗の時報。新聞の時刻が終わって、楽曲の音がして、景箱の活動装置が動いています。左景重い山々畳間箱に障害傲立鶴がかかっている祥雲に仙人が立ち上るよう、雲海の中一座琼楼急に浮かぶ。右景箱の扶杖寿老人が順次八仙の宝物を手向ける。楽まで、報時人退裏帰りで、ビルのドアが閉まる、景箱に各イベント装置リセット。neeu

この時計には7セットの機械システムがあり、時間帯、時報、景箱の活動装置などを制御するなど、かなり高い技術水準を持っている。乾隆年間、造する所に集まるしたいくつかの時計の専門知識を持つ西洋時計匠とマシニスト、この時計で体現して彼らのレベル。この鐘の制作時間と過程を記録して、乾隆八年12月から14年の正月に完成し、5年余りにわたって設計された。