« 上一篇下一篇 »

腐敗強化でスイス表の中国での販売を2割

「去年は時計を買いました。!」これはネット流行語である。この2日、多くの人が「来年は時計を買いに行く」と改めた!」変更の原因は、ななしち月ろく日、商務部部長高虎城とスイス連邦委員兼経済部長施耐德・オマーン北京で署名された『中華人民共和国とスイス連邦自由貿易協定。中瑞は貿協定では、中国側によると、瑞側の99 . 7%の輸出ゼロ関税すぐに実施し、そのため、多くの消費者の推測、スイス時計を値下げ。しかし、記者が業界人に取材した答えは、必ずしもそうではない。

消費者がいらいらする

「本当に、値引きしないかな?」昨日の夜、新世界百貨店のスイスブランド腕時計売り場の前で、記者が「ゼロ関税」という3字を言ったとき、お嬢さんが笑っていた。彼女は言った。「あなたは初めて聞いてきたのではない。今日は何人かの消費者が来たのですが、本当のことを言って、私たちははっきりしていません。。」

「親、値下げすることは分からないんですか?」同様に、昨日の夜、記者は淘宝網「微博」にランダムに尋ねたと主張スイス規格品の腕時計のいくつかの販売店、給仕たちはこう答えた。彼らは、自分もニュースを見たという。しかしある給仕は、現在販売の腕時計、多くの代理店は半年も前に購入入庫、今すぐ値下げの可能性はあまりない。