« 上一篇下一篇 »

Apple Watch主導2015年知能時計市場

報告によると、昨年は服装の機器市場でアップル一世秀リンゴを超えWatch通期予想Appleは1200万部、休日ショッピングシーズン500万部を超えるの出荷量が主導した昨年全体が着機器市場。
恩恵が発売された人気の改良版Gearにスマート腕時計、サムスンに戻って地球が着設備市場第二位置Pebbleで第3位、ファーウェイ列4位、そしてファーウェイ自身を構築した家のリードするAndroid Wear OEM。

昨年の基礎のフィットネス類が着機器市場の総出荷量は約3700万部で、Fitbit会社はこの種類の製品の出荷リードを保持し、四半期の売り上げを記録した。中国のアワ会社第二位になって、そのアワリストバンド2015年の出荷量1200万部に達した。
一方、市場調査会社ガートナーのアナリストも未来知能時計に積極的な観点を持っている。今月初めに同社が発表した報告によると、予定2019年、すべて設備に着て、知能の腕時計の潜在力の最大の売上高見通し175億ドルに達し。同報告によると、2016年期待着機器市場を生む287億ドルの売上高は、その中からインテリジェンの売上高115億ドルに達する見通し、しかもリンゴApple Watchはかなり表現。