« 上一篇下一篇 »

GP芝柏表品鉴経典時間の旅

世界は時間が回って、絶えず進歩している。1867年からの3金橋陀のはずみ車の懐中時計と2004年のユニークな常に』s Eyeパンパンシリーズ、GP芝柏表は時代と共に進み、タブ工芸に新しい衝撃、新しいインスピレーション。

GP芝柏表(Girard-Perregaux)と二百名メディアと貴賓を分かち合ったブランドを二つ世紀の歳月の中で、とりわけ重要と忘れられない時、「anOdysseyオブTime表出—GP芝柏表経典時間の旅」の真髄。この時空の旅の中で、GP芝柏表だけでなく並んで最もそろった製品のシリーズを通じて、更に工夫現場の装飾、年代を大事に、特に演技など、詳しく述べて二百年ブランドとりわけ重要経典の発展史。いくつかの世紀の経典を越えて骨董表項及びトップ複雑時計機能、初めて北京にしても活動中の目玉。

創始は1791年、GP芝柏表は世界に殘りわずかの本当の時計工場の一つ。ブランドは三金橋陀フライホイールほめられる時計界を得意制トップ複雑な機能(Haute Horlogerie)時計、例えば陀フライホイール、万年暦、三問時報、双秒針カウントダウンなど、デザインコンセプト、ムーブメントの研究開発、ケースの設計と製造など各工程を経て、よく監督と改良もして指先にGP芝柏表水の出ばなのタブ工芸。今日、GP芝柏表は崇高な地位を持つ業界では、も全世界で尊重の世界のトップ10の大時計の一つ。