« 上一篇下一篇 »

GRAF VON FABER―CASTELL2006年度巨献

2006年長毛象牙記念ペン

レアな長毛アイボリーと黒檀相互の組み合わせのペンのせいで、その強烈な対比を引き立て象牙の白黒

穏やかな質感、複雑な工程を経て複雑な工程で完成する作品。


Penオブthe year希少な素材の緻命誘惑2006

日常生活の中で、「筆」のように平凡な文房具身近に、一見目立たないのに、生活習慣について

。一匹のペン先の素質も優れて、外見品に良好な万年筆を示すことができるだけではなく個人のセンスに属する、さらに

生活には鑑賞、という貴重なコレクションが生活中に。年にファッションプレイヤー達愛顧を受けた輝柏伯爵「Penオブthe

year年度の「ペン、今年はシベリア北极冰洋長毛象牙をデザインテーマで、その稀有な素材や

マルチな繁雑の入念な工芸、いきおいの収集家の目の前にする。


プラチナの回転ピストン

2004年の琥珀記念金。筆の先の尾のスピン夕ピストンは上白金めっき材質、その週囲に依ってある

「Penオブthe year「字形、十分、コレクションの価値。