« 上一篇下一篇 »

「芸術源は生活」の5項にある芸術的魅力の腕時計を推薦して推薦する

芸術としての中で一番「悪賢い」の文化、腕時計も始まった「デザイン」の戦いに、多くの人が重視しているのはもはや時間の追求に対して、更に多くのは1種の芸術へのあこがれと味わう。今多くのブランド腕時計を破った通常の設計傾向にあり、脱開杓子定規な枠に縛られ、本当に時間がないと芸術。時間は流れる水、芸術は足跡を殘。次に、腕時計の家を率いる5項を一緒に感じて独自の芸術の魅力的な「時間を書く者」。

同モデル腕時計は柄の彫刻芸術としての初誌を採用し、金属制の18バラケースと時計の鎖によって、模様を刻むのしわが多くふじ象眼ダイヤモンド、もっぱら現代上品かつ活力に満ちた女性のために設計。その芸術の雰囲気をふじのデザインで完璧なものが出てきて、このような曲線美女性輪郭に対しても腕の加護。ふじのデザインはダイヤモンドの象眼をプラスして、全体にも出てもない富貴の米を配布して。