« 上一篇下一篇 »

典雅古韻儒纳Chronomètre Souverain新作

儒纳はとても控えめなマイナーなブランド、ブランドの創始者儒纳先生は1人のタブ界で魅力的なキャラクターを堅持し、一枚ずつ腕時計は純手工制造を完成して、しかも彼が作った腕時計もエレガントな気質と濃厚な古風としている。このChronomètre Souverain新作ブランドの流儀を受け、中から流出露出控えめな気質、特に搭載のkムーブメントは更に贅沢と工芸の完璧な組み合わせは、次に私達を1番になって。

ケースは18バラの金で作られ、研磨光沢、線はなめらかで自然。ケースやケースと組み合わせて巧みで、腕時計を保証するために見えるまろやかで優雅なのは比較的に「表冠偏平な」、失わない手触りを保証するために、週りの彫刻が美しい傾いてしわ、見ても非常に美しい。

表で耳線を見ることができて、バンドとケースのコーディネートにも合って、功帰表を採用した耳間にくい加工の弧形生耳、中から見えるブランドの細い点の上での処理は善を尽くし美を尽くすの。

白い盤面わけもない小さなを経て、銀めっき処理したら、経入念な磨きと美しい彫刻しわ、一連の動作によって消費力が、目を出すためにも忘れられない盤面を作り出すよう、みずみずしく光って繊細なエナメルの完璧な視覚効果で、しかし心を尽くして思と精力のブランド。

盤面アラビア数字のフォントと優雅美しく優雅な腕時計融匯の自然。小秒針盤と動力の貯蔵表示の立地に強い美しさ、コーディネートにブランドマークの水滴の形の指針だけでなく、盤面に強いブランド見分ける性、その魅力を覚えるという人も。