« 上一篇下一篇 »

時計の製造に必要な材質の種類があり、腕時計製造素材

1、一般金属の材質

(いち)半金:18金の材質はステンレスや組み合わせの相互運用が独特の2色の美しさ。

(2)に金箔:そのケースはステンレス、アウトソーシング金合金層を経て、機械圧延に全体をして、その厚みミクロン、計量いちミクロンイコールいち/せんミリ。せいぜい10~15ミクロン、普通は2~3ミクロンしかない。

(さん)めっき:めっきは現代の時計にありふれたケース飾り方法、鍍金技術台頭は70年代でめっき均一にしっかり金箔より低コストはがれにくい、また無鍛造黄殻変色、錆のことだから、すぐ両者の淘汰出市場。

(よんしよ)銅:腕時計では、銅は最高のものを安く、かつ特性はごく簡単に加工、主に応用するムーブメント、現在ほとんどムーブメント使用は真鍮合金板。普通、私たちが見たムーブメント色黄色と白、黄色ムーブメントは通常めっき酸化チタン、白いムーブメントは亜鉛をめっきするニッケル合金。

(ご)鋼:鋼、クロムとニッケルの合物、精鋼、クロムとニッケルの合物、ステンレス鋼の加工難度は大きくて、耐腐食性や耐摩耗性にも良い前者に、表面はめっきでもめっき、だけ研磨や噴砂、ラ砂処理、形成によって効果のある立体感の外観効果。

(6)チタンメタル:全鋼の腕時計のブームによって、チタンが次第に登場する。その材質は「航空時代」と呼ばれる金属。何はチタン金属?チタンは地球の殻に発見して、その外観は光の金属光沢がある、または銀灰色、ダークグレーの粉末。チタンは一種の軽い、かたい、熱、寒さの金属表面層を酸化防止、摩耗して、錆。