« 上一篇下一篇 »

私の手の表情を結ぶオフィチーネ・パネライ

私の手の表情を結ぶオフィチーネ・パネライ
先日見た叶延滨さんの随筆集『小さい、夢とりんご」、詩的な名前。その中には1篇の《時計》の文章があって、見た後に人に非常に感じの。いくつかのアイデアを、いくつかの過去の断片を、いつも知らぬ間に出る、波がきらきらと輝きの。
腕時計、この概念、すでに忘れて何時から明らかにしました。でも私の最初の時計の物語について、私はやはり覚えています。まるで私の二年生の時は、1日の放課後、お母さんは私に近くの売店で何か買い。私は当時の目は今の助けを借りてあの2枚のガラスが「明察秋毫」、その東北言葉は「磨く磨く」。そして、私はずっと「とてもいい」という習慣があり、歩く時、地面をしっかりと見つめています。「土地が豊か」というのは「土地が豊か」なので、いつもと良いものが出ている。あの日のこと、ちょうど有力に証明して証明したのです。