« 上一篇下一篇 »

ロンジンの中国のぜいたく品ロンジン風潮

ロンジンの中国のぜいたく品ロンジン風潮
longines時計もまたその価格高価な贅沢品もただ1種の消費財は、異なる能力消費の人が別の消費をする。たとえ贅沢なブランドが集まるヨーロッパ、例えばフランス、何層にも、ぜいたく品を持って複雑な、言葉に表せないほどに。フランストップホテルの門の前に、涙のホームレスの人が出入りする、ホテルの人は食事の花落ちせんフランの富豪。ヨーロッパでは節約は美徳だが、ぜいたくは一人一人の生活の権利だと思う。
longines時計中国のぜいたく品風潮透視(よんしよ)、エルメスバッグ、十数万万元価値のディオールスーツ、数十万元のスイス時計、千万のロールス・ロイスにしても、中国の消費観念は開放のlongines時計中国のぜいたく品風潮透視(よんしよ)は本日、もしも誰買ったこれらのものも引き寄せ質疑――様々な疑問て、甚だしきに至っては上がる疑問一人人柄の高さ。まだ人は物乞いをしていて、子供の上で学がない――これは本当に人に同情する。しかしこれらの精緻なものになるのは、贅沢なものは目の前に現れて、誰が感動されないことがあることを言います。一人一人が美しく、高品質の生活に憧れている。贅沢なのはこのように人に惚れると矛盾をさせます。