« 上一篇下一篇 »

ハンマーでもできる腕時計、カシオ今回ですた!

今日皆さんに持ってくるのはよんしよ項、私が思うに、見逃せない新品、この中からローストチキンオメガ「三剣客」、そして価格より高いティソ天文台、そしてついに正式独立のGS――GrandSeikoました。
カシオG-Shock
ハンマーでもできる腕時計、カシオ今回ですた!
カシオは石英時計のトップとして、色の組み合わせと外見設計で、殘忍を工夫していた。カシオG - SHOCK新発売のMRG-G2000HT使って、きわめて復古の霞鎚目鎚起工芸。この技術を最初にさかのぼる1200年前で、古人を金属製品の時、ハンマーで殴り続ける金属を達成するための増加の目的と締め付け金属美しさ、例えば鎧や兵器。
ハンマーでもできる腕時計、カシオ今回ですた!
そしてこの世界限定500枚のCASIO、日本から、国宝級の工芸大家淺野美芳自らを。、霞鎚目鎚起工芸制ベゼルと中央バンド部品、形成の名は「霞鎚目」の独特なハンマー紋効果。深層焼入れとDLCコーティング処理を経て、最終的には、MRG-G2000HTベゼル、ケースの底蓋はじゅう時位置の金属プレートが濃く深い「和藍」。