« 上一篇下一篇 »

悠久の歴史には皇の表が厚い文化価値がある

1860年尊天皇(Juvenia)からフランスアルザス地域圏(Alsace)のタブ匠積・狄狄逊は聖依来帝国で手を創立して、開いた第1家のタブ工場。しかし彼はスイスまでまでを紹徳封(ラChaux-de-Fonds)新工場後、やっと発見こちらは実踐の理想の天国で、そこで、彼の創造のインスピレーションが、彼の案内の下に尊皇ブランドは盛んに発展して、至1910年尊皇時計製造やジュエリー供給分野の登録商標。尊皇スイス表界でずっと享有力臻完璧やカリスマ工芸の名誉、146年連続のタブが歴史の中で、休まない追求を突破し、長い歴史を尊皇表に深い文化の価値をあらわして時代を経て洗練の崇高な気質。