« 上一篇下一篇 »

腕時計は注意事項、時計のモデルを受け入れて原則を受け入れます

旧正月前後あとで、あるいは長い時間の使い長い時間の時計のモデルを受け入れて、特に必ず意表の保養期限を残さなければならなくて、普通の機械的な時計の保養期限約3~4年、いったんこの期限を上回ったら、殻の内部の潤滑油を表してし浸しやすくて、外部の防水のワッシャーは硬化しやすくて、いやいやながら機械加工部品の故障を発生しやすくてと水が入っておよび潤滑油がし浸して部品の摩耗する問題を招きを使って、初期まだ運行に影響するのをもたらさないで、時間の精密で正確な度がただだんだん低くなるだけを見て、月日のたつうちに、運転停止の時、内部の部品の損耗はすでにとてもひどくて、このような事態に着いて、「小さくて少ない」の保養費用は「ペン」の部品になって費用支出を補修します。


機械が保養を表して補修する問題を免れる以外、石英の時計は内部の部品の駆動の潤滑にするのと防水の問題以外、長さの時期つけない状況の下で、もし電池はすでにとても長い一定の時間を使った、殻の内でもうして長期にわたり受け入れるのを表しに置かないでください方がよくて、電池は効力を失わないようにして、問題を電力を供給することができないがのいるだけではなくて、甚だしきに至っては恐らく電池の液体の外で抜かして必ず内部の部品の問題を替えなければならないがのあります。