« 上一篇下一篇 »

バーバリーBurberry腕時計は、バーバリーの腕時計の上弦の撥針機関の故障診断の補修の方法を補修しますか?

(1)大きい鋼を診断して小さい鋼の車輪に順番に当たってと、つめ、つめのリードの故障、上條軸の上弦を使ってたまに上弦がたまに上弦ができないことができるのが現れて、あるいは上弦はまた弦を戻して、バーバリー(Burberry)が大きい鋼の歯車の歯あるいは小さい鋼の歯車の歯の磨損が深刻なかみ合わす隙間を表すのが大きすぎると説明して、あるいはつめの歯の磨損は大きい鋼の車輪を突っ張れないで、つめのリードは弾力性を失って、外の一種の現象の大きい鋼はねじ、小さい鋼に順番に当たってねじ、つめのねじに順番に当たってゆとりがあります。補修の方法はバーバリー(Burberry)がどの部品を表してどの部品を替える問題があるので、とって方法を修復するのを替えられません。どの部品が壊して焼戻しをとった後に修復して、問題が解決した後にまた焼き入れ処理を行ってもとの様子を回復します。


(2)ひとつのバーバリー(Burberry)の腕時計の補修に対してまず上條の撥針機関を検査して、先に上條柄軸の上弦で表して行き来するかどうか、もしも時計は行き来して、取っ手は順番に当たって外面へ1段の人を動かして、針を動かすのは時、分けるの、秒針を観察する相互に現象にぶつかりがあってか、現象にぶつかって相互にの合理的な隙間を調整するのがあります。無衝突の現象がまた秒針とティソを観察するのがガラスの間を表す摩擦があってか、時計の針とバーバリー(Burberry)の腕時計の表面の間は摩擦の現象があってか、秒針とティソを調整してガラスを表す摩擦があって、時計の針と時計の文字盤の間の隙間、時、分けるの、秒針を取り外す摩擦がなくて、また時計の針が順番に当たる外に小道を観察して時計の文字盤のセンタ穴の中心の位置にあるかどうか。以上の診断プログラムによって幸運な発生する故障に対して3発見することができます。


(3)別れと出会いを診断して小さい鋼に順番に当たってと故障に順番に当たって、上條の柄軸の上弦を使ってよく響く音が現れてガーガー、バーバリー(Burberry)の腕時計の別れと出会いの歯車の歯と小さい鋼の歯車の磨損あるいは歯先のかみ合わす隙間の大きすぎる現象を説明します。補修の方法:バーバリー(Burberry)を替えて別れと出会いを表してと小さい鋼が順番に当たってあるいは摩耗する歯車を焼戻し処理に通りに順番に当たって、磨損の歯車を修復してまた焼戻しの歯車を焼き入れ処理に行います。研磨ペースト処理を使って焼き入れする金属の色が変化するのが現れます。