« 上一篇下一篇 »

盛んな刺し縫いする海の私の腕時計のコンプレックス

盛んな刺し縫いする海の私の腕時計のコンプレックス
前いくらかの日が葉延濱先生の一本の随筆の小さい文集、《夢とアップル》、良い詩情の名前を見ました。その中は1篇が《腕時計》の文章を言いがいて、見た後に人を非常にセンスがあらせました。いくつか考え、いくつかの以前の一部分、いつも気をつけないでつぱっと現れて、波がきらきらと輝きましたの。
腕時計、この概念、すでにいつから明らかなことをを忘れました。しかし私の1つ目の腕時計のストーリに関して、私はやはり(それとも)大概を覚えていることができます。私の読二学年の時ようで、1日学校が引けた後に、お母さんは私を要して近くの売店まで(に)どんなものを買います。私はその時目は今のようだあの板のガラスに助けを借りないでようやく“小さな事まで明察する”のことができなければならなくて、あの東北の話で“泥棒の明るい泥棒が明るい”であるべきなことを形容します。かつ私はずっと1つの“とてもとても”の習慣があって、歩く時、しっかりと地面を注視しています。“土地が広くて物産が豊富だ”のため、地べたはいつも現れた良いものがあります。その日の事、ちょうど強力にこの点を証明しました。