« 上一篇下一篇 »

腕時計の流行する冒険家――ジュヴェニアは表します

創始する初めから腕時計のハーフバック芸術式に対して絶えず出して革新したくて、今日まで精致なエレガントの時計のモデルを製造しだして、JUVENIAジュヴェニアは表してずっと流行する冒険的な精神を満たしていて、1個半近く世紀間来を時計の製造する熱意に対して文化と絶えず進めて、永遠に止まることがない芸術に向って昇華して、JUVENIAジュヴェニアのために表して新しい一里塚を書きます。

 

1860年、JUVENIAジュヴェニアは表を作成する職人師の積・狄の見劣りがする(Jacques Didisheim)から聖人で亜(Stに従います. Imier)一手に創立して、そして彼の第1社の制表工場を開きました。積・狄が見劣りがして表を作成する技術の固執してに対して熱意と頼って、活力あふれてと壇の姿の採取するジュヴェニアのブランドを表しを指導するのを述べだして、その時の時計算する流行するシンボルになります。それから、ジュヴェニアの本部は移って拉紹徳まで(に)(LaChaux―de―Fonds)を閉じて、創立者の積・狄の見劣りがする息子のBernal・狄の見劣りがする(BernardDidisheim)はブランドのためその時のみごとに決して停滞してしまったのでなくて、彼は競争が激化していよう市場の内で更に光り輝く成績を得るのを十分に知っていて、必ず自分のブランドのチップを製造しなければなりません。そのため、彼は一つの時計工場を開いて、専門的にジュヴェニアのために超薄の懐中時計のチップを生産して、そして積極的に時計界のそれぞれの範疇に参与して、そのためにブランドが腕時計のに足を踏み入れて、腕時計、腕時計の部品、時計と部品で製造する功に備えるように協力して、および、用品などを売り払って、時計の製造と技術の精華に集まって、ブランドの実力のために穏健な基礎を作り終わります。