« 上一篇下一篇 »

ショパン陰暦酉年限定莳绘腕時計をした

 

ショパン陰暦酉年限定莳绘腕時計をした

 

芸術工芸:日本莳绘

例によって、ショパンは毎年中国に向かい、テーマの限定腕時計の莳绘芸術は日本の伝统芸能の一つ。「漆树」(Urushi)の樹脂抽出して来た生漆の原料に逐层盘面に漆の后、莳绘僧侶は、うちに嵌め込ま极まる、事前にうごい细いい真珠母贝のオーダーメイドカット、これらの工芸がきわめて厳格の繊细な工法を要求した。今回の酉年腕時計は日本の国宝級の漆芸僧侶増田村纪一郎の设计を指導するすべての盘面の製作し、漆芸僧侶小泉身寄りコメント。
この発の薄い纤ショパン腕時計を采用した真珠の自作自で机芯鎖機械、マイクロ自動で、22K金鎖盘を作る。机芯搭载双子の条の箱、約65時間の動力保存機能。世界88個限定。