« 上一篇下一篇 »

インターネット時代、職人精神どう伝承?

 インターネット時代、職人精神どう伝承?
解読職人精神

全国の両会の開催は、「職人精神」という言葉で、「南北の不平大江職人精神」でも初めて、政府活動報告で。
「職人精神」は広誠表行整備士の例で一体一分派だ。広誠表行整備士は、1つの部品、一つの工程、一片の時計が当たり、念入りに磨きに専念して、一心に魔メンテナンス修理時計の态度は职人の精神の思考と理念。、整備士の眼だけが、品質の爱顾、修理の几帐面、完璧な孜孜追求以外に、他のない。まさにこの凝らし濡れ一途の職人精神、廣誠表行が誉満全国。
改善の态度を、一种の精神的仕事を愛する脈々と受け継がれて、このような精神は「職人精神」。


職人精神

11月22日- 25号、廣誠表行整備士はそれぞれ合肥廣誠表行時計修理サービスセンター、上海大学海亚克时计を学校の内部と外部の训练。结局、育成、職人精神に果たせるよう、それは普遍的な追求。时计を修理そのものが、根本的慢工细活必要の制度や文化を入手。
今回、合肥廣誠表行時計修理サービスセンターの4日間の内研修は主に、时计の修理高級技師や国家品質監督院、プロ技能検定国家プロ技能検定高級考评员、廣誠表行修理技術総顧問王泽生先生に教えて水机整備士真空四等官、手動はかる水机、振っ表機、石英機械校表儀、万用表などの機器機器の使用をケア方法や八指標など知識し、参训师匠を真空防水テスタ、手動防水テスタ、Q1石英表テスタ、万用表、修理道具研磨、修理の操作、自動洗濯機などの操作テスト油。
教育の终曲参训、整備士を個人绍介と技術、生活の交流、最后は会社法人の社長をまとめた训练。広誠表行、標的に作りの育成と整備士は、職人精神伝承を得た。