« 上一篇下一篇 »

モンブラン万宝龙時計自動时计なぜ歩くか止め

 モンブラン万宝龙時計自動时计なぜ歩くか止め
まず绍介、何ぞ全自動機械時計方向に回す自動陀を任意にも上紧ばねの自動で条機関の役割は、透明底盖表運行(ほど)。推して知るべしで、时计を手で身だけが、腕の运动、自動陀も回転エネルギーを生み出した。普通なら、全自動時計毎日8時間以上所有手こそエネルギー补充ばねも、絶対的ではない。提案祝日も表だけは、手をかぶってはエネルギーを補足ばねは止まらない时计に歩いた。
今作の普遍的な存在室工人、時計よく歩いて、机芯止め現象の原因は、所有者以外の运动不足自体、ばね、十分のエネルギーは、この原因は、ダイヤルを手でばねの者法で埋め合わせる。