« 上一篇下一篇 »

辉きの宝石眩しかっ宝石の七つの効果

 

辉きの宝石眩しかっ宝石の七つの効果
辉きの宝石眩しかっは、色、光沢、透明性や折光と琢也型など出を引き立たせた。その時その内部がよく结晶体、双晶含有小包纹、構造的欠陥が行えないなど、光の干渉、衍射、散乱などの現象は、光の中で一部が特殊の光学効果、ありふれた特殊光学効果が星効果、キャッツアイ効果、変色の効果、月光効果、游彩効果、金星効果、発光効果など。
星効果
星を指すに表面琢也効果の宝石が光に照らされ、相互の、六十くらい、射星状光の现象だ。この効果を生じた原因は、多くの宝石の内部に平行配列の針小包体。
キャッツアイ効果
弧面水晶は光に照らされ、表面が水晶の明るい光带、回転水晶の時、光带移動ように、细长い、キャッツアイの綺麗キャッツアイ効果や游彩効果。
変色効果
水晶、日光や照明(富むに赤い灯の)などとは違い、光源の下の色、クリスタルのの変色や温暖彩効果。
游彩効果
游彩効果はまた游色の効果。すなわち、白色光に照らされ、同じクリスタルいましめ怪しげで同時に表示出多色変換闪光の现象だ。回転が水晶や光源時ほど、水晶の色が変动が、光って、赤、黄、绿、オレンジなどの多様なとった。
月光効果
月光石は双晶の具格子状に斜めに、両チームのマイクロプロセサソク相互近似垂直の双晶纹、シデント光の散乱、密集の散乱光集中、ぼんやりした晕色上程、月光と呼ばれるので、月光効果。具月光効果のマイクロプロセサと斜めにムーンストーンソク。
金星効果
透明、半透明の水晶、内部に多くの不透明な小さな固体バッグ体時、光に照らされ、経反射で光って、このような現象は、また金星効果砂金効果、金星石英など。
発光効果
蛍光や燐光発光现象の宝石宝石と呼ばれるうち、燐光強の宝石が、俗に「夜明珠」と称される。例えばルビーの赤、白钨矿蛍光の青い青い燐光の蛍光、默契など。